エルミタージュ

密かに、日々のあれこれを綴ります♪

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

【2】上越旅行 

2012.5月 上越 |

2012.5.19


大きな地図で見る

林泉寺のすぐ近くに、春日山神社と、春日山城址があります。
ここは私が高校生のときから行きたかった場所のひとつ…!!

春日山神社1

春日山神社。
上杉家の氏神様。

今、各地で流行のリアル武将さんが、こちらにもいました…!
初めて見かけましたが、イケメンでしたよ(笑)
戦国ファンらしい女子数名に囲まれ、春日山城址めぐりもされてて、大変な仕事だな…と思いました

春日山神社2

毘

これこれ。
これ見ると、上杉軍だなって気がします…!

朱印_春日山神社

こちらの御朱印は、すでに書かれた紙に日付だけその場で入れてくれる方式でした。

さて。
ここから本気出して、城址めぐりで山登りです…。
夫には、実は詳しく話さないまま連れてきたので、山登りするよ!と言ったらビックリしてましたが、運動大好き人間なので、おとなしく神社仏閣を巡ってるよりいいと思ったらしく、元気になってきました

春日山城址

このような道を登ったり下ったりします。
雨のあとなどはぬかるんだりして大変かもしれませんが、運よく、お天気の良い日だったので助かりました。
森林浴~!って感じで、気持ちよかったです。
ここに本当にお城があったのかどうかは、なにも残ってないのでわかりません。
けど、土塁などわずかに残るものを見て、謙信公もこの山道を歩いたのかな?ここからの景色を眺めたのかな?なんて想像して、胸がいっぱいになりました。

三郎景虎邸跡

三の丸跡。
ここは謙信公の養子だった、北条氏康の実子、景虎の屋敷跡です。
三郎景虎は、あまりメジャーな存在ではないんですが、某小説で彼を主役として扱ったため、一部の人間には熱い支持を受け、上越市作成の公式なパンフレットにも、三郎景虎コースとして、案内が載ってました
しかも、三の丸跡地に建てられた説明看板にも、小説の名前まで挙げられてて、ビックリでした。
(ちなみに、看板には「景虎が美男として書かれ…」と説明がありましたが、けして美男として書かれたわけではなかったと思います…よ?)

景虎のお家から、直江さんのお家は近くはありませんでした…

直江邸跡

私がもっともきたかった場所はここです…直江屋敷。
某小説で描かれた、直江信綱のファンでした…私。
歴史的には兼続が脚光を浴びましたけど、違います、信綱です(笑)

ここに直江さんが暮らしてたのか…と思うと…せつないような、愛しいような、変なかんじでした

今回は時間の都合もあり、公式ガイド推奨の「三郎景虎コース」で山歩きしましたが、景勝や柿崎家の跡地は見なかったし、謙信公の跡目争いで、景虎がたてこもった御舘にも行きたかった…。
ぜひぜひ再訪したいです。
本当は、同じ小説ファンと行きたいんですけどね~
スポンサーサイト
17:00 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

【1】上越旅行 

2012.5月 上越 |

2012.5.19
所用があり、新潟に行くついでに、少し大回りして、観光してきました。

林泉寺
林泉寺。
上杉家は、この林泉寺を菩提所としたそうで、林泉寺の屋根には上杉家の家紋も並んでました。
すごく、すごく美しいお寺でした…寺自体ではなく、お庭が素敵。
全然写真がおもったように撮れず、めちゃくちゃ悔しい…!

ここの宝物館は必見!とネットで見かけたので、もちろん見学させてもらいました。
写真なので画像はありませんが、上杉謙信直筆の手紙や、実際に戦のときに掲げられた、「毘」という文字の入った旗、武将の首をとった際に持ち帰るために実際に使われた首桶…など、展示されてました。
よくこんなキレイな状態で残ってたなぁ…と感心!
私にとっては戦国時代ははるか昔、物語の一部のような気がするけど、実際に生きて動いて暮らしてたのだな…と、不思議な感じがしました。

御朱印もいただきました。

朱印_林泉寺

達筆!
そして、書いてくれたおじさまが親切でした。
「けっこういろんなところに回られてますね~」と、私の御朱印帳見て言ってくれました。

林泉寺内に、御墓所があり、謙信公や林泉寺を創建した長尾家の人、川中島の戦死者供養塔などがありました。

墓所入口

ここが、とても墓所とは思えないほど素敵な場所で、死んでもお墓いらない!と公言してる私でさえ、こんな場所ならお墓に入ってもいいかも…!と思いました。
緑と光に満ちていて、静かで…。

上杉謙信のお墓

謙信公のお墓。
ワンカップがお供えされてました(笑)
すごくストイックな人…というイメージがあるんだけど、かなりの酒豪だったらしいですね…

季節折々に尋ねたい場所でした。
林泉寺。
きっとまた行きます…!

→【2】に続く。
15:56 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

【6】伊勢旅行 3日目&御朱印 

2012.GW 伊勢 |

2012.5.2 AM10:00-

やはり…。
チェックアウト時間ギリギリまで旅館にいました。
10時に出て、賢島から夫婦岩を見るために二見まで戻りました。
着いたら、嵐のような、暴風雨…
車の中にいても身の危険を感じるほどで、これは外に出てよいものかとしばし悩む。
けど目の前まできてて、夫婦岩を見ずに帰るのも…と思い、傘だけ持って、行くことに…。
なので、3日目は写真がないのです
そして、傘を持って外に出たとたん、暴風に煽られ、傘が曲がった
濡れながらも、ダッシュで二見輿玉神社へ。
海岸沿いで、波が高く打ち付けてたので、タイミングによっては波濤をかぶってしまいそうでした…よく立ち入り禁止にならないなぁと…。
外に出て5分と経ってないのにすでにずぶ濡れ…。
壊れた傘も、まだ車に戻るまでは持ってなきゃいけないし…
神社に参拝し、夫婦岩を眺め、御朱印貰って早々に車に戻りました。

傘しか持たずに出かけたので、御朱印帳も持っていかなかったので、朱印は紙の状態で貰ったんですが、車に戻って中を見てみると、なんと参拝日が2日前になってる
ひどいーーーーー
けど、交換に行く気力もなく……素直に退散しました
その場で確認することが大事ですね…。

二見でひどく雨に濡れ、気力もなくなってしまい、お昼ご飯食べてもう帰ろうということに。
松坂牛を食べて帰ろう、と、松阪に向かいました。
ガイドブックに載ってたステーキ屋さんに行ったんだけど、とってもおいしかったです

これで、長かったGWの伊勢旅行の記録は終わります~。
ここまで読んでくださったかた、ありがとうございました
伊勢地方、自然がたくさんで、素敵なところだったのでぜひまた行きたいです。
今度は天気の良いときに

この旅行から戻ったあと、翌日から夫婦で寝込んでしまいました。
牡蠣を食べたことによるO-157感染疑いがかかり、一晩病院で大騒ぎ…なんて事件もあり、GW後半はぐったりでした
でも、きっと雨に濡れたことと、疲れたことによる体調不良だと思います。


さて。
最後になりましたが、御朱印写真を。

朱印_外宮
伊勢神宮外宮。

朱印_内宮
伊勢神宮内宮。
伊勢神宮の御朱印…超シンプルで意外というか…びっくりでした

朱印_金剛證寺
朝熊山 金剛證寺。

朱印_石神さん
石神さん。海女さん(らしきおばちゃん)がすごく丁寧に書いてくれました。

朱印_二見輿玉神社
二見輿玉神社。
日付が違う(ノ_-。) しかも印刷です…。
義母さんに聞いた話では、昔はこの神社はなかったそうで、わりと新しく作られたところみたいですね。
いちおう夫婦円満を願ってきました。
19:41 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

【5】伊勢旅行 2日目 

2012.GW 伊勢 |

2012.5.1 PM

伊勢志摩スカイラインをおりて鳥羽市へ。
パールロードを通って南下~!
パールロードってくらいだから、もっと海沿いでがっつり海が見えるのかと思ったけど、意外と山の中です…。

道沿いにあったカキ小屋?でランチしました♪
ちょうど海が見えて、牡蠣もサザエも美味しかったです。
も止んでいたので、海風にあたりながら食べられて、おいしさ倍増でした。

そして、私がネットで調べた子授けスポットへ…。

ガイドブックにも載ってないし、ネットでも詳しく書いてあるサイトがなく…超マイナーな場所だったみたいで…場所探しに苦労しました
石鏡港に車を置いて、歩いて探したんだけど、ほそーーーーい路地を一本間違え、民家の軒先をかすめるようにのぼり…道が違うようだ…と退き戻し…
地元の人以外が入ってくるような場所じゃないらしく、お年寄りたちにジロジロ見られながら辿りついた、『石鏡神社』。

石鏡神社

意外と立派でしょ?!

一歩入ると、鬱蒼と茂った木々の緑陰で暗いくらい…。
そして落ち葉などそのままになってて…お掃除する人はいないらしい。
放置されてるのかなぁ…

子授けの石

この石にまたがると、子授けや安産にご利益があるんだとか。
誰も見てなかったけど、またがるのもはばかられ、拝むのみにしました
この周辺だけ、最近つけられたような派手な看板がありましたが、それ以外はまったく人の手が入ってなさそうな…寂れたところでした。

いちおう神様に挨拶を…と、濡れた落ち葉ですべりそうな石階段をなんとか登って、賽銭箱の前に一歩踏み込もうとしたそのとき!

蜘蛛の巣だらけの天井から、超でっっっかい立派な蜘蛛が!
ドサリ!と、私の目の前に落ちてきた

これは……入るなという合図なのか……それとも歓迎の挨拶なのか……。

ビビリの私はすみっこから拝んでそそくさと帰りました

そして神社から戻ってきたら、車を停めた場所がお店の駐車場だったらしく…おじさんに怒られました
自分たちが悪いんだけど…周辺はガラガラに空いてたし、駐車スペースに表示もなく、時間にして10分くらいのものだったんだけど…いや、自分たちが悪いのだからアレだな…。
シュン……として石鏡港をあとに。

もし行ってみたい人は、車でしか行けない場所なんだけど、車をとめる場所には気をつけてくださいね…観光客用のスペースはなさそう?なので、お店でランチでもすればいいかと思います
お店、やってないかもだけど…。

そのまま旅館に行こうかと思ったんだけど、案外時間があったので、もう一回りすることに。

石神さん1

女性の願いをなんでも1つだけ叶えてくれるという、海女さんが信仰している『石神さん』。
御朱印書くのも海女さん、お守り売るのも海女さんでした。

石神さん2

お願いごと1つだけ……と言われると、子宝とかじゃないんですよね……。
もっと大事なお願い事をしてきました!
もっとちゃんとしっかり考えて行けばよかったんですが、その場で考えてたらうまく書けない(お願い事を紙に書くんです)…日本語がおかしくなってしまいましたが…神様は私の言いたいことを酌んでくださるだろう…。

夫は所在なさそうに隅っこで待ってました…知ってか知らずか、カップルでお願いしてる人もいましたけどね。


そして賢島にあるお宿へ。
旅館からの英虞湾の景色が素敵だというので、海の見えるお部屋をとったんだけど…
また激しくが降りだしまして…
そんな風景を眺めながらのお部屋食でしたが、おいしくいただきました!
お風呂も、お肌ツルツルになったし大満足

→【6】に続く…次で終わります。
14:08 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

【4】伊勢旅行 2日目 

2012.GW 伊勢 |

伊勢内宮を後にし、おはらい町ぶらり歩きへ

ああ…けど雨なのです…
降ったりやんだり…傘を差したり閉じたり…邪魔!
買い食いしたり、買い物したり、目的なくぶらぶらしてる人が多いので、傘差してると邪魔~!
でも…。
ここは晴れてたほうが楽しめただろうなぁ…。
一通りひやかして歩きました。

おはらい町1
レトロな街並み。
こういうところ大好きなんだけどなー。

おはらい町2
雨宿り中…。
松阪牛のサイコロ棒っていうのが売ってて、炭で焼いてくれてたので、雨宿りついでに買い食い
すっごいおいしかった

赤福本店
赤福本店。
賑わってました。

私たち夫婦はアンコが苦手なので、スルー予定だったんですが、ここはミーハーな夫…赤福食べたい!と
…私は食べたことがなかったので、まぁ、1つなら食べてみようかな、と。
店内で食べるほどでもないので、3つ入りをGET。
あと、お土産用に箱入りのを買ったんですが、夫が自宅用も買ってた
なんで食べないものを買うのだろうか…。
「だって名物だし、ちょっとは食べるでしょ?」と。
いや、私は食べないと思うし、夫だってせいぜい食べても2つくらいでしょー?なんで8個くらい入ってる箱買うのー?意味不明です…。

参道沿いの賑わってるお店で、朝ごはんの伊勢うどん。
コシがまったくないうどん…不思議なかんじでした。お年寄りや離乳食の赤ちゃんには便利かも!
しかし1時間近くも茹でるんですね…ビックリ!!うどんなのにそんなに手間もコストもかかってるとは…。

夫は手こね寿司も食べてました。おいしい!と喜んでました♪

車に戻って、3つ入りの赤福を食す。
私1つで充分(笑) 夫は2つ食べましたが、とくに感想なし…。
まぁ、名物だからね。
赤福って、もみじ饅頭とかみたいに、いろんな会社が作って売ってるものかと思ってたんですが、違うんですね。
1社が独占というか、「赤福」は1種類しかないんですね。
物凄く儲けてるだろーなー!

内宮をあとに、後ろ髪ひかれながら、伊勢志摩スカイラインへ。
悪天候で霧が出てるため、眺望は望めないけど本当に入る?と料金所のおじさん
親切だな~。
けど私たちの目的は眺望じゃなかったので有料道路に入りました。

ほんとに霧が凄くて、怖いくらいでした…一歩先が真っ白!
ほとんど走ってる車がいなかったのでよかったけど、いっぱいいたら危ないかんじでした。

ここで、私たちが目指してたのは、朝熊岳金剛證寺。

『お伊勢参らば朝熊かけよ、朝熊かけねば片参り』

と伊勢音頭で歌われ、伊勢参りのあとに必ず参詣したんだとか。
ここは子授けにご利益があるとネットで見たので行ってみました(笑)

朝熊岳金剛證寺1
霧が深くて、目の前の道が見えないくらいだったんだけど、水墨画のように美しい光景でした。
参詣客もほとんどいなくて、静かで…ご利益ありそう!
あまり期待しないで行った(ごめんなさい…)ので、この雰囲気にはびっくり感動でした。

朝熊岳金剛證寺2

朝熊岳金剛證寺3
神様がいそうでしょう???

このあと、本堂で御朱印をいただき、子授けのお守りを買いました。
ぎんなんの殻の中に、小さな赤ちゃんが入ってるんです。これがみんな顔も大きさも違ってて可愛い

ぎんなんに入ったお守り_R
夫も自分用を買ったんだけど、あまり顔見ずに選び、ちょーーーーでっかい子を選んできました(笑)
確かに、我が家の子は大きな子になるだろうよ……。

もっと奥に行くと、供養卒塔婆がズラリと並んで圧巻らしいのですが、とにかく悪天候だし、素直に引き返しました。

が!!!!

ここには「おちんこ地蔵」というお地蔵様がいて、こちらが子授けにご利益がある…ということだったのに、私ときたらすっかり忘れ、おちんこ地蔵様に会わずに帰ってきてしまいました
子安神社のミニ鳥居といい……私って……

そういえば、なにやら、置物のようなものがあり、祝詞を唱えながら三回まわしたあと、重さが変わってたら願いがかなう…というものがありました。適当なレポですみませんが
これを夫がやったのですが、まじめに祝詞は唱えないし、遊ぶようにやってました…。
結果、置物の重さが「前よりも重くなった!」と
夫の願いは叶えてもらえなさそう…

霧で真っ白。
けどそれが雰囲気良くて、気に入りました。
再訪したい~!今度は奥ノ院までもちろん歩きたいです。

→【5】に続く…
17:07 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。